クラスだより 正英幼稚園ばら組 6月号

先日の運動会では温かいご声援をありがとうございました。
幼稚園最後の運動会!あと何日…と毎日カウントダウンしながら、ドキドキワクワク当日を迎えました。
当日の子どもたちの頑張りは見て頂いた通り(^^)/
園長先生のご挨拶にもありましたが、当日に至るまで毎日色んなドラマがありました。

絶対1位になりたい!と頑張ってきたリレー。
始めた頃は、まだ競争心がなく笑顔で走っている子もいれば、バトンを誰に渡せばいいのか迷う子も…
アンカーを誰がするかで揉めに揉めて時間切れになってしまったこともありました。
『走るのが得意な子もいれば、そうでない子もいる。自分一人ではなく、ばら組みんなで戦うのがリレーだよ』という意味を毎日少しずつ心で体で感じてきた子ども達。
ころんでもすぐに立ち上がり走る姿があれば、周りにはすかさず「がんばれ!」と応援してくれる子、走り切った子に駆け寄り「えらかったね。」と砂を払ってあげる子、「僕が抜かしたるから大丈夫や!」と声をかけてくれる子がいました。

走る順番も自分が何番目を走りたいかではなく、チームが勝つためにどうしようかとみんなで考えられるようになりました。
一人ひとりの成長と同時に子ども同士の心のつながりが深まっていくのを日ごとに感じることができ、とてもうれしく、胸が熱くなる瞬間が何度もありました。

今でも運動会モードは終わることなく…園庭に出ればリレーをし、お部屋ではYMCAを熱唱しています。
「若いうちはやりたいこと何でもできるのさ♪」5歳の子どもたちが歌うと、思わず「その通り!」と笑ってしまいますが(笑)
いつからかばら組の合言葉となり、誰かが「できるかな~」と不安なことを言うとどこからか「若いうちは~♪」と聞こえてきます。

1学期も残り1か月。
やりたいことに何でも挑戦してみんなで元気いっぱい過ごしたいと思います(*^^*)

 

1906-ばら組-1 1906-ばら組-2