クラスだより 正英幼稚園ふじ組 5月号

子どもたちも園生活に慣れ、ずいぶんと笑顔が増えてきました。
外に出るとすぐにリレーの練習が始まり、何度も何度もバトンを繋いで走ることを楽しんでいます。
 
お部屋では4月の月刊絵本に載っていた遊びの「言葉探し」が大人気です。
決められたひらがなを頭文字にした言葉を思いつく限りみんなで考え、誰も言えなくなるまで続けます。
そして最後の最後まで出し切った後、みんなで出した単語の数を数えて、前回よりも多く出せた時には大喜び!
終わった後のホワイトボードを別の時間に眺めながら、まだないかなとまだ考える子もいましたよ。
 
別の日には、同じ文字から始まる仲間探しから続いて、それぞれの好きな物を描いて、仲間分けする遊びをしました。画用紙に思いつく限り描いて、それが何の仲間なのかを考えます。
「りんご」や「焼きそば」は『食べ物の仲間』、
「お母さん」や「リュウソウジャー」は『人の仲間』、
「犬」や「ライオン」は『動物の仲間』…という風に分けていき、
新たに分けられないものが出てくるたびにみんなで考えて何の仲間か話し合います。
ある子が描いた「プール」は、今まで出てきた仲間には分類できません。
プールは何なのかについて考え…「水があるから海の仲間かな…」と水について、
「泳ぐ所?」と目的について、「どこのプールなん?」と場所について、
とそれぞれ違った視点で考えます。
「練習もするけど…遊ぶこともあるから…遊ぶ所じゃない?」という意見が出ると歓声が起こり、
みんなが納得して『遊ぶ仲間』に決まりました。
こんな調子でみんな夢中になって仲間分けをしていくうちに…気が付いたらふじ組の壁が絵でいっぱいに!
最後にじっくり見てみると『食べ物の仲間』が占める割合の多いこと多いこと…。
ふじ組には食いしん坊のお友だちがたくさんいたようです!
言葉探しや仲間分けの遊びはまだまだ続きます!これからもたくさん考えて楽しんでいきたいと思います♪
 
神戸市北区の認定こども園 正英幼稚園ふじ組のクラスだよりでした。
 
ふじ組1

ふじ組1