クラスだより 正英幼稚園れんげ組 4月号

少し緊張した表情でれんげ組のお部屋に登園してきてから、もう1か月がたちました。
すっかり緊張もとれ、
元気いっぱい笑顔があふれ、
朝靴箱の前で泣いている年少組の小さなお友だちを見つけると、
優しくかけより一緒に靴箱の名前を探してあげたり、
手を引いてお部屋に連れて行ってあげたりしている姿は、
年長児として頼もしさも感じられます。
 
園庭に出ると、「ドロケイする人この指とまれ~」と友達を誘い楽しんでいます。
けいさつとどろぼうに分かれて追いかける鬼ごっこですが、
仲間を助けるための作戦を練るなかで、
自分の意見をだしたり、
捕まえたどろぼうの見張り役の役割を分担したりするなど様々なかかわりが見られます。
時には、自分の思いが通らなかったり、
伝わらなかったりしてトラブルになることもありますが、
こんな経験を繰り返しながら、
我慢することや譲り合うことが出来るようになり、
友達との仲も深まっていけたらいいですね。
 
先日、絵の具を使って色遊びをしました。
クレパスの色に合わせて〇に色を付けていきました。
単色で塗れる色もあればそうでない色もあり、
自分で考えて混色作りもしました。
桃色、紫色は比較的簡単に作れていましたが、
灰色に苦戦している子が多かったです。
その後、その丸を使って見立て遊びを行いました。
同じ丸でも、それが宇宙人に見えたり、ダンゴムシに変身したり・・
子どもたちの自由な発想にはいつも驚かされてしまいます。
 
今は、アイデアを出し合って、大きなこいのぼりを製作中です。
れんげの花で飾りたいという子どもたちの意見をとりいれたこいのぼり・・・
5月の風をいっぱい吸い込んで、れんげ組の子どもたちのように元気いっぱい泳ぐ姿をお楽しみに・・・。
 
神戸市北区の認定こども園 正英幼稚園れんげ組のクラスだよりでした。
 

1904れんげ組1

1904れんげ組2