クラスだより 正英幼稚園ひまわり組 3月号

先日は発表会にお越し頂きありがとうございました。
初めはみんな知らなかった「番ねずみのヤカちゃん」のお話でしたが、
すぐにみんなヤカちゃんが大好きになりました。
担任が「わかったかい?」と問いかけると
「わかったよ、せんせい!!」とヤカちゃんになりきって返事をしてくれたり、
みんなでねずみとねこになって遊んだりと、
お話を使ってたくさんの遊びを工夫してきました。
 
また、劇を進めていく中で、「ここはこんな風にしたらどう?」
「こうやって動こう!」と動きやダンスもみんなで考えていきました。
段々と自信がついてきて、大きな声でセリフを言えたり、大きく動けるようになってきました。
また、お友達のセリフや出番まで全部覚えている子もでてきて、分からない子、忘れてしまった子にこっそり教える様子もとても微笑ましかったですよ。
そして本番の日、朝から「たのしみ!」といいながらも緊張気味の子どもたち。
「緊張したらお客さんのことじゃがいもやと思おう!」と声をかけると、
「じゃあピーマンでもいい?」
「わたしはにんじんやとおもう」と少し緊張がゆるんだようでした。
 
発表会が終わると「ドキドキしたけど、大丈夫だった!」
「たのしかった~」とそれぞれの気持ちがやっと外に出てきたようです。
次の日も「おうちでもたくさんほめてもらったー」と嬉しそうに登園してきた子どもたち。
劇を成功させたことは子どもたちの自信になったようです。
ひまわり組で過ごすのもあと1ヶ月となりました。
1つお兄さん、お姉さんになるのを楽しみにして、
残り少ない時間を大切に毎日を過ごしていきたいと思います。
 
神戸市北区の認定こども園 正英幼稚園ひまわり組のクラスだよりでした。
 
ひまわり組3月-2

ひまわり組3月-1