クラスだより 正英幼稚園ゆり組 2月号

とても寒い日が続いていますが、
子どもたちは寒さに負けず元気に園庭で遊んでいます。
今までは砂場や滑り台や「むっくりくまさん」で遊んでいましたが、
3学期になってからはタッチされると鬼になっていく「増え鬼ごっこ」が人気です。
 
外に行くとすぐに、
今日の鬼になる人を子ども同士で話し合って決めて鬼ごっこスタート!
以前クラスだよりで紹介した「むっくりくまさん」の時はただ走ることだけを楽しんでいましたが、
今はきちんと周りを見て、
「こっちから鬼が来た!」から鬼がいない方向に逃げ、
鬼の方も「こっちにまだ鬼じゃない人がいる!」
「じゃあそっちに行くわ!」と、声を出し合い協力しあって遊んでいます。
まだまだ全員は参加していないので、
ルールを変えたり、
違う鬼ごっこに変えたりすると、
クラスみんなで楽しんでいけるものになっていきそうです。
 
お部屋では色んな絵本を読んでいますが、
中でも子どもたちが大好きなのは「三匹のやぎのがらがらどん」です。
何回も読んでいるので、
もうすっかり文章を覚えていて、
途中は子どもたちと声を合わせて一緒に読むこともあります。
みんなの1番のお気に入りは…
ヤギが渡っている途中に怪物のトロルが出てくる場面。
トロルがいつ出てくるのかを、
今か今かと待ち構えているキラキラした期待の眼差しがなんともかわいく、
つい溜めてからセリフを読むこともあります。
気が付くと自由あそびの時間に「がらがらどんごっこ」が始まっています。
トロルは見えないように小さくなって隠れてヤギが通るといつ飛び出そうかとニヤニヤしながら待ち構え、
一方ヤギも気づかれないようにそっと橋を渡ったり、
走り抜けて追いつかれないようにしたりと逃げ方を考えているようです。
子どもたちなりにお話を楽しみながら、
ゆり組なりの「三匹のやぎのがらがらどん」を作っていきますので、
発表会を楽しみにしていてくださいね♪