クラスだより 正英幼稚園もも組 2月号

2019年、新しい年が始まりました。
早いもので、子どもたちのもも組での生活もあと2か月程。
ほとんどの子どもが4歳になり、
先日の身体測定でも身長が伸びたり、
体重が増えたりとそれぞれに成長がみられましたね。
心も少しずつ大きくなってきて色々なことに自信がつき難しい事もやってみようと頑張れるようになってきました。
 
さて、先日お正月遊びの一環として画用紙でおすもうさんを作り、
トントン相撲をして遊びました。
お道具箱に粘土板の蓋をセットして、
テーブルの上に置き向かい合って座ったら、
素敵な土俵の出来上がり!
「はっけよーいのこった!!」元気な掛け声を合図にそれぞれトントン相撲を楽しんでいました。
一人に一つお相撲さんを作ったので、その後もしばらくこの遊びが続くかなと思って見ていたのですが、
次の遊びの時間になると女の子たちが
「プリンセス、お家に入って!」
「一緒にパーティーしましょう」
などとおすもうさんを人形に見立ててお人形あそびを始めました。
ブロックでお家を作ったり、
友だちとお道具箱をつなげてリカちゃんハウスのようなお部屋を作って大盛り上がり。
男の子たちはおすもうさんをおべんとうバスの屋根の上にのせて
「高速道路を走って遠足に行こう!」
とこれまたお人形あそび。
子どもたちの柔軟な発想に驚いたのと、
なりきってはいるけれど、
よく見たら全員お相撲さん。
可愛らしいやらおかしいやらで大爆笑の担任たちでした。
 
もちろん普通のトントン相撲を楽しんでいることもありますよ。(笑)
これからも子どもたちに負けないように柔らかい頭で楽しい遊びを考えていきたいと思います。