クラスだより 正英幼稚園もも組 12月号

12月に入り、毎日サンタさんの絵本を読んだり、クリスマスソングを歌ったり、プレゼントを入れてもらうための袋を製作したり、オーナメントを作ってお部屋を可愛く飾ったりともも組はクリスマス一色になりました。
お帳面のキラキラシールを眺めながらみんなで「あと何回寝たらクリスマス会だね」と指折り数えて楽しみにしていました。
そして、クリスマス会まであと2日となった朝に事件が起こりました。
子どもたちが作り、飾ってあったプレゼント袋が全部無くなってしまったのです。(もちろんサンタさんがプレゼントを入れるために持って行ったのですが)担任はすぐに「サンタさんが来た!」となると予想していたのですが、子どもたちはしばらく考えた後で「どろぼうが入ったんとちゃう?」とか「悪い人が夜に来て持って行っちゃったかな?」と探偵のように部屋中を探していました。
子どもたちの予想外の反応に驚きましたが、真剣に考えている姿が可愛らしくて笑うのをこらえるのに必死な担任でした。
その後、年長さんがやってきて「サンタさんから手紙が来たよ」と教えてもらい、ようやくサンタさんと繋がって大喜び。
その後の外遊びでも年長さんと一緒に地面を眺めてソリの跡やトナカイの足跡を一生懸命探して遊んでいましたよ。
クリスマス会当日は演奏を聴いたり、みんなで歌ったり、サンタさんからのプレゼントも届き楽しい時を過ごすことができました。
お家でお話されていましたか?

新しい年が来るともも組での生活もあと3か月となります。残りの生活1日1日を大切にみんなで楽しく過ごしていきたいと思っています。

1901もも1