クラスだより 正英幼稚園もも組 9月号

二学期が始まり子どもたちが一番楽しみにしていた出来事。
それは初めての遠足!お帳面の遠足シールを眺めながら「あと5回寝たら遠足だよね?」と当日を心待ちにしていました。
いよいよ近づいてくると、当日の日程や持ち物、またお弁当はおにぎりを持ってくることを子どもたちに伝えました。
担任の話を聞く子どもたちの表情が本当に嬉しそうでキラキラしていたので、「本当の遠足に行く前にえんそくごっこをしてみない?」と提案してみました。
 
すぐに「やりたい!やりたい!」の大合唱になり、新聞紙や色紙を使ってそれぞれおにぎりを2個作ることにしました。
丸めた新聞を包む大きな紙にのりをしっかり塗って(どの子も上手に、出来るようになりました)のりに見立てた黒色紙を貼り、ペンでふりかけや梅干しなど好きな具を描きました。
おにぎりが出来上がり「美味しそう!いただきまーす」と一人が食べる真似を始めると、早速あちこちでごっこ遊びが始まりました。
 
前日には本番さながら茶色のカバンにおにぎりを入れて、カラー帽子を被って幼稚園の中をぐるりとお散歩してから屋上へ向かいました。(嬉しすぎてさんぽの歌を大合唱しながらのお散歩でした(笑))
屋上ではみんなで輪になって座りおにぎりを食べ大満足の子どもたち。
もちろん遠足当日もお母さんの手作りおにぎりを美味しそうに頬張っていましたよ。
楽しい遠足の思い出が二つも出来て良かったです。またお話し聞いてみて下さいね。