クラスだより 正英幼稚園ふじ組 9月号

長い夏休みが終わり幼稚園を楽しみに登園したものの、すぐに台風がきたり、大雨警報が発令されたりと、始まって1週間で2度も休園になってしまいました。
休園になった次の日には「会いたかったよ~!」と友だちと抱き合ったり、「もうー!幼稚園きたかったのにー!!」と嬉しい声がたくさん飛び交っていました。
 
翌日の朝の会で、お家に被害がなかったか聞くと「前の日にプランターを部屋の中に入れていたから大丈夫だった!」「ちょっと停電になって怖かった…」と、さまざまな話を聞かせてくれましたが、それぞれのお家でシャッターを降ろしたり、外に出ないようにしたりと備えていらしたようで、子どもたちに怪我はなかったことに一安心^^
 
また、「ニュースを見て知っている事」を発表する機会を設けると「車や屋根が飛ばされてた!」「道路が川みたいになってた!」「テレビに出てた空港(関西空港)行ったことあるねん!
まだまだなおらへんのやって!」と、私が思っていたよりもたくさんの子どもたちがニュースを見て、知識として習得していることに驚きました。
 
その2度に渡る台風、大雨の間に北海道では地震もありましたね。
こちらも「ニュースを見て知っている事」をクラスで共有したり、阪神淡路大震災の時の話も織り交ぜてお話をしたりしました。
気象災害とは異なり、いつくるか分からない地震。園でも毎月避難訓練をしていますが、たったひとつの大切な命を守る為に、お家でもいざという時の為に子どもたちとお話する機会を設けてみてはいかがでしょうか^^