もも組の10月

とんぼのめがねは水色めがね♪戸外へ行くと「とんぼさん速すぎて何色めがねか見えへんわ~!」と必死になってとんぼを追いかけているもも組さん。

先日はトイレットペーパーの芯とセロハンを使ってとんぼのめがねを作りました。セロハンの色を通して見る世界に子どもたちは大興奮!「ちょっと行ってみようか」と出かけた園内探検はなかなか終わりませんでした(笑)
そしてお部屋では「○○ちゃんのめがねは紫めがね♪ぶどうをいっぱい食べたから~♪」とオリジナルの歌で大盛り上がり!
その後も「もう1個作っていい?」とセロハンを重ねたらどうなるかな?片目ずつ違う色にしてみようかな?とそれぞれに工夫したり、試したり、友だちがしていることを見てまねをしてみたり・・・めがね作りだけでなく近頃は広告紙などを使った工作が子どもたちに人気です。
毎月楽しみにしている月刊絵本の付録を切り離すと、『 こんな形の紙が残るのですが、それを二つつなげて枠を作り「ほら、テレビー!」と顔を出したり、長くつなげて道路を作ったり・・・子どもたちの手にかかるとすてきなおもちゃに変身!
時には形だけ見ると「ん・・・?何これ?」と思う物もあるかもしれませんが、子どもたちの「すごいでしょ!」の表情にご注目。

お家に持ち帰った際には、ぜひ「どうやって作ったの?」「ここがすてきだね!」とお話を聞いてあげて下さいね(*^_^*)