クラスだより たんぽぽ組 3月号

のりを使おう!

 

◯から始まるストーリー

 

真っ白い紙に◯まる△三角◇四角を並べてみる。偶然できた形から、ストーリーが広がる。あ!それなに?まわりのお友だちのをみて真似てみる。真似ても全く一緒にはならない。やっぱりそれぞれのストーリーが始まり、おしゃべりしながらペタペタのり付けをしていく。あのな、おうちやねん、ここにお布団あってなぁ~こっちはテーブルでご飯食べるとこやねん。話は続く続く。今までの見たもの、聞いたもののベースの上に想像力が乗っかっていく。大人から見ればだたの◯△□だけど、子どもの手にかかれば、無限の世界へと広がっていっている。

 

 

 

はさみを使おう!

 

次は四角い紙を自由に切る。チョキチョキひたすら切る。

切った形から、これワニに似てる!

2017年3月たんぽぽ組01

 

折れ曲がった画用紙がテーブルになり、椅子を作りだす子も。よく見るとひとつだけ椅子が反対向いてる。このお椅子はね、赤ちゃんが座るねん。ママのお顔見とうから、って。よく見てますね。

2017年3月たんぽぽ組03

 

 

2017年3月たんぽぽ組02

お家ではさみを使うのは…って思いますよね。

そこで、おすすめ絵本です。はさみを使う時に,この本を読んでみるのはいかがですか。

 

 

2017年3月たんぽぽ組04

さーて

残り1ヶ月。バッチ(名札)が変わったらおおきくなるねん。今日は、ピンポン(玄関チャイム)してから、ママとおてて繋いできてん!と誇らしげ。(おんぶがいいよーと甘えん坊さんだった子)おはよう!さようなら!が恥ずかしくって言えなかった子も今ではちゃーんと言えますよ。

ひとつおおきくなるってうれしいね。