クラスだより れんげ組 3月号

先日の発表会ではたくさんの温かい拍手をありがとうございました。
子どもたちは「はやく発表会の日になってほしいな」「後○日で発表会や!」と当日をすごく楽しみにしていました。
子どもたちの大好きな曲の振りをみんなで考え、セリフも練習を重ねるにつれ、こうしたほうが良いと子どもたちのほうから声が上がるようになりました。
そして練習が終わると「今日の練習はどうだった~?」と必ず担任に尋ね、頑張ったところと、次の課題を聞くのが子どもたちの日課になっていきました。
最後の歌の「素敵な友だち」は子どもたちも大好きな曲で「歌っていたらなんか泣きそうになる…」と歌詞の意味も噛みしめながら歌う姿がとても印象的でした。
発表会前日の練習では、いつも以上に真剣な表情にこちらも今まで練習してきた日々を思い、熱い気持ちが込みあがってきました。
当日はお休みしていた子の分も一生懸命頑張ってくれ、最高学年として間違ってしまったり、忘れてしまっても誰かが必ず声をかけカバーしてくれていました。

 

保護者の皆様にもこの1年間の成長を見ていただけたことと思います。
卒園まで後少し。子どもたちの中でも卒園式までのカウントダウンが始まっています。
担任としてもいろんな気持ちが込みあげてくる今日この頃ですが、最後まで子どもたちと一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

2017年3月れんげ組01