クラスだより ばら組 3月号

先日は発表会にお越しいただき、ありがとうございました。
2月に入るとカレンダーを見て、発表会までのカウントダウンをして楽しみにしてきました。
発表会本番、部屋では「緊張してないよ!」と言っていた子どもたちもオレンジ幕の後ろに立つとちょっぴり緊張気味…。
幕が開き、大好きな家族の顔が見えたことで緊張が少しずつとけ笑顔で楽しく劇遊びができたように思います。

 

3学期に入ってから毎日取り組んできた劇遊び。
何度も何度も絵本を読み、子どもたちの大好きな絵本の1つになりました。
何度も読みこんだことで、登場人物の気持ちを考えながらセリフや動きを子どもたちで考え、作り上げることができたのではないかと思います。
劇遊びをしていく中で、始めは恥ずかしくて大きな声が出なかった子も少しずつ自信を持つことができ声が出せるようになりました。
その時自然と、「〇〇君、めっちゃ大きな声でてた!」と拍手が起こりました。
友だちの頑張りを素直に褒めることができる姿に子どもたちの成長を感じることができました。
また、自分のセリフだけでなく友だちのセリフまで覚えて困っている友だちにすかさずフォローしてあげたりする姿に担任も胸を熱くしたものでした。

 

発表会が終わり、残すは“卒園式”となりました。卒園まであと少し、1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。

 

2017年3月ばら組01