クラスだより すみれ組 2月号

子どもたちの「あけましておめでとうございます!」の元気な挨拶とともに3学期が始まりました。
中々雪が降らない冬でしたが、やっと雪が積もり、みんなで雪遊びを楽しみました。
何度も雪玉を作り、お友だちと雪合戦。
また、2階からイルカプールが凍っていることを発見!
みんなで様子を見に行きました。
日が当たって少し溶けている部分の氷を割って、大小様々な大きさの氷を手渡すと「氷めっちゃおっきいな!」と、持ち上げ、「冷たすぎて手が赤くなってきた!!」と、冷たさにびっくり!「キラキラしてる!」…と氷を手にしてとても楽しそうでした。
最後は溶けていないところに、それぞれが持っている氷をみんなで投げ入れました!…が、
「全然割れへん…」
「プールの氷めっちゃ強いな…」
氷は厚くて硬くてびくともしませんでした。

 

クラスの活動では、だるまに顔を描きました。特に目の部分は子どもそれぞれの願いを込めながら描きました。
「かっこいい年長さんになれますように…」
「野菜がたくさん食べれますように…」
「おっきくなれますように!」
など子どもそれぞれに思いを込めながらすてきなだるまが完成しました。
それぞれが違った表情のだるまがお部屋に飾られ、子どもたちの願いを見守り、病や災厄から守ってくれることでしょう。
風邪などに負けないように元気に過ごしていきたいですね♪

2017年2月すみれ組01

2017年2月すみれ組02