クラスだより ふじ組 2月号

新しい年2017年が始まりましたね。
始業式の日にカレンダーを見ながら残りの登園日を子どもたちと一緒に数えると、45日!!
もう少しで卒園と頭では分かってはいても、いざ数字で表されると
「えーそんだけしかないの?」
「お別れ嫌やー」
と全員衝撃を受けていました。
だからこそ残りの日々は一日一日を大切にお互い思いやりを持って笑って過ごそうとみんなで約束をしました。

 

さて、子どもたちが楽しみにしていた雪遊び、当日は寒波に見舞われ六甲山頂のスノーパークにはこれまでにないたくさんの雪が積もっていました。
最初の雪遊びのコーナーでは一面の雪に大興奮!フカフカの雪の上に「気持ちいいー」と只々寝転がってみたり、助走をつけてジャンプしたり、坂になっているところをお尻で滑ってみたりと持ってきていたおもちゃはほとんど使わず、体全体を使って雪あそびを満喫していました。
二人乗りのそり遊びは慣れるまではスピードが出て怖がっていた子もいましたが、足のブレーキが上手く出来るようになると自信がつき、楽しく滑れるようになっていきました。
登っては滑り、滑っては登りを繰り返し、子どもたちも最後にはふらふらになっていました。(笑)
いっぱい動いた後のカレーの味は格別だったようで、みんなあっという間に食べ終えていました。
楽しい会話も弾み、各テーブルには子どもたちの笑顔の花が咲いていました。
余程楽しかったのか、帰りの観光バスでも全く寝ないで大騒ぎのふじ組さん。
楽しい思い出がいっぱい出来て良かったです。

2017年2月ふじ組012017年2月ふじ組02