クラスだより ゆり組 12月号

先日、お散歩に出かけ自分の顔より大きな落ち葉を見つけて大喜び!

穴をあけてお面にしたり、色シールで飾り付けをしたりして遊びました。トライやるウィークの5日間は、中学生のお姉さん先生とも絵本を読んでもらったり、給食を一緒に食べたりして楽しく過ごしました。

 

音楽会では、たくさんの温かい拍手をありがとうございました。楽器遊びを始めた頃は、ただただ楽器を鳴らすのが楽しくて自分の世界で楽しんでいた一人一人が、少 しずつ友だちを意識しはじめ、「ハッピーハッピー・・」と歌いながら同じリズムを奏でることが出来るようになり、自分以外の楽器の音色も聞く事が出来るようになりました。

合奏の楽しさを感じ取ってくれたことでしょう。年長組との合同の歌でかぶった動物のお面は、張り切って作っていました。歌の練習以外でも、ずっとかぶって遊んでいた姿がとても可愛らしかったです。

 

音楽会前日は「ドキドキするわ!」と言う子もいて、「お友達も先生もみんないるから大丈夫!」と励ましましたが、ドキドキする気持ちを感じるのも心の成長の証ですね。

とはいうものの内心は、大きな会場で大勢のお客さんを目の前にした子どもたちの様子が少し気になりましたが、当日の堂々とした姿を見て私のいらぬ心配だったと反省させられました。

終了後は、全員に大きな大きなハナマルを渡しました。毎日の生活や、行事を通して心も体もたくましく成長している子ども達ですね!2学期の残り少ない日々を、サンタクロースを心待ちにしながら楽しく過ごしたいと思います。

 

2016年12月ゆり組01 2016年12月ゆり組02