クラスだより ゆり組 10月号

長い夏休みを経験した子どもたち・・・正直なところ新学期の登園がどうなることやら!?と少し心配をしていました。ところが、そんな心配も無用といった感じで、みんなニコニコ笑顔の登園でした。夏休みの思い出を、自分のことばで一生懸命伝えようとする姿から、楽しい時間を過ごしていたことがうかがえました。9月から、新しいお友達1名も仲間入りし、にぎやかに2学期をスタートしました。

 

敬老の日を前に、プレゼントとはがきの製作をしました。大好きなじいじ、ばあばの話で盛り上がりながら一生懸命作っていましたよ!

日中はまだまだ日差しも強く、汗ばむ日もありますが、日陰に入ると初秋を思わせる風を感じることも出来るようになってきました。園庭でバッタを見つけて追いかけたり、先日は公園でドングリも見つけ、ポケットいっぱい詰め込んで帰ってきました。秋の自然は、子どもたちの心をわくわくさせてくれるようです。この実りの多い秋の自然とのかかわりを、子どもたちと一緒に存分に楽しみたいと思っています。

 

161008_seiei_yuri