クラスだより れんげ組 10月号

長い夏休みが終わり、れんげ組にも元気いっぱいの笑い声が戻ってきました!
夏休みに楽しかった思い出をたくさんお話ししてくれす。そして、「お皿拭き頑張ってん」「靴並べした!」と終業式で話していたお手伝いに取り組んだことも、しっかり教えてくれましたよ。

 

さて2学期になり、れんげ組では『身体あそび』をよくしています。これはただ身体を動かすだけではなく、頭で考えて動くが基本になっています。
その一つに、「ステーキ はるまき フライドチキン やきとり やきにく…」というリズム歌があって、「き」の文字の時に足のかかとを手でタッチし、他の文字のときは跳びながら手拍子をするというものです。
お家でも「やってみて」と声をかけるとやってくれると思いますよ(笑)
私も最初は大人ながら結構難しいなと感じていましたが、子どもたちも「えーできへん!難しい」と苦戦していました。毎日少しの時間でも子どもたちと取り組むのが日課になっており、日に日に子どもたちも最近腕を上げ、自由あそびの時間にも自然とリズムを口ずさみ練習。今ではほとんどの子どもたちが上手にリズムを取って出来るようになりました。
すると今度は他にも「き」のつく文字を考えてオリジナルで作ってみようという提案が。
はみがき、そうじき、やきそば…たくさんあがりました。さて、どんなリズム歌になるのか、また子どもたちに聞いてみてくださいね!

 

161008_seiei_renge