クラスだより ふじ組 3月号

先日はたくさんの方々が発表会に来て下さり本当にありがとうございました。

担任の挨拶でも伝えましたが、子どもたちは「そんごくう」というお話がとても大好きでした。保育室で担任がピアノを弾き始めると遊んでいた手を止め、歌って踊り「え~みんな踊ってるやん!」と子どもたち同士笑い合ったり、時には戦う場面を再現し保育室で担任に怒られたり…(笑)

女の子は自分のお面の飾りつけを楽しんだりとそんごくうのお話が子どもたちの生活の一部となっていました。子どもたちにとってクラスでする最後の大きな行事。「みんなで参加する最後の行事になるから頑張ろうね」と子どもたちには伝えていました。

もちろん初めは人前でセリフを言うことが苦手で練習中緊張で涙する子もいました。練習を繰り返すことで「今日は○○ちゃん(くん)お声大きかったね!」と担任以外のお友だちからも褒めてもらえることが嬉しく自信にもつながっていったようです。

またあるシーンでは「岩が落ちてくるから普通に立ってるだけじゃあかんな」とどこから岩が落ちてくるのかキョロキョロしながら周りをみたり子どもたちなりに表現の工夫もありました。何より当日は全員でそろって舞台にい上がれたことがとても嬉しかったです。

 

卒園まであと少し。ふじ組での一日一日を大切にしながら過ごしていきたいと思います。

 

2016_03_ふじ組