クラスだより すみれ組 冬休み号

今年もあとわずかになりました。餅つきやクリスマス会など、歌や行事を通して子どもたちは年末の雰囲気を楽しんでいます。

 

先日、クリスマス会でお遊戯室の飾りをクラスで製作することになり、つくし組は天使を作りました。

羽につけるレースペーパーを見ると、「お花みたいで可愛い♡」「先生、つるつるしてるよ。」と興味津々の子や「ケーキの下にあるの見たことあるー」「お皿の上に置くやつでしょ?」と知っている子もいて、会話が弾んでいました。
天使の顔は丸い形に切ってカラーペンで髪や目、口などを描いたり、トイレットペーパーの芯に折り紙を貼って体を作り、全部のパーツを組み合わせると、様々な顔の可愛い天使が完成しました。

 

また、サンタさんからプレゼントを入れてもらおうと、好きな色の画用紙を切ってブーツを作りました。音楽参観で製作したツリーを貼り、飾りは自分で選んだ色の折り紙を△や□など好きな形に切り組み合わせて、「先生見て!プレゼントつけたよ」「お家できたー」と嬉しそうに飾っていました。

もう一方の面にはサンタさんの顔を作りました。白い画用紙をちぎって「長いひげができた!」と自分のあごに画用紙をあててみたり、「クルンってなった」と巻いたような形のひげができたことを面白がっていました。ブーツが完成すると、こどもたちは大喜び!!楽しみにしていたクリスマス会当日、サンタさんがやって来て素敵なプレゼントを届けてくれました(^^)みんなのお家にも早くサンタさんが来てくれるといいですね♪

 

明日から冬休み、風邪をひかないように気を付けてご家族で楽しく過ごしてください。

 

1601_つくし