クラスだより れんげ組 冬休み号

12月。夢が溢れるクリスマス。ご家庭ではどのようにお過ごしですか?

幼稚園では、参観で見て頂いたクリスマスツリー作りに始まり、その他にもクリスマスプレゼント入れを作ったり、クリスマスの歌を歌いながら踊ったり、サンタさんについて書かれた絵本を読んだりしながら、クリスマスに向けてワクワクする気持ちを日に日に膨らませながら過ごしてきました。

クリスマスプレゼント入れにはサンタさんへの手紙を書きました。「サンタさんにどんなことを伝えたい?」と尋ねると、いろんな言葉が返ってきました。

「いつもプレゼントをくれてありがとう」「だいすき」「かぜひかないように、きをつけてね」「きをつけてきてね」などなど、サンタさんを思う言葉たち。サンタさんがこれを読んだら、嬉しい気持ちになること間違いなしですね。

幼稚園で行うクリスマス会のことをサンタさんに案内する子も。「いつあるかが分かるように日にちを書いた方がいい」「何幼稚園かが分かるように、幼稚園の名前も書いた方がいいと思う」「サンタさんが迷わないように幼稚園の場所も書く」などなどサンタさんのことを思うと次々に言葉が出てきました。トナカイさんへの配慮も忘れず、メッセージを書いていた子もいましたよ。

 

お手紙を書く以外にも、クラスではクリスマスごっこで盛り上がりました。「サンタさん来てくれるかなぁ」と担任が寝ていると、子どもたちがサンタさんになってプレゼントを枕元に置いてくれるという遊びです。

「先生、まだ起きたらあかんで」と担任を必死に目隠しする係とプレゼントを用意する係に分かれる子どもたち。

耳を澄ますと「先生をびっくりさせるから、まだ言ったらあかんで」「分かった!」とささやき合う声が聞こえます。

そして、「もういいよ」の声で担任が目を開けると、そこにはカプラで作った天井まで届きそうな大きな塔が!みんなで協力して大急ぎで作ってくれたのです。

そしてさらに、クラスにあるおもちゃ総動員で、担任の周りに並んでいました(笑)びっくりする担任の反応に、自信たっぷりの顔の子どもたち(笑)。プレゼントを待つ側のワクワク、プレゼントを届けるサンタさん側のワクワク、その両方を感じながら迎えたクリスマス。

 

園でのクリスマス会の日には、プレゼント以外にもサンタさんから手紙のお返事が届いて、大、大、大、大、大興奮!!

 

ご家庭でも、どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。

 

201601_れんげ