クラスだより さくら組 2015年12月号

先日の音楽会ではあたたかい拍手をありがとうございました。

 

取り組みの中では楽器の正しい持ち方から始まり、どうしたらきれいな音を出せるか考え、指揮を見る大切さ、みんなで音を合わせる楽しさを知りました。
毎日のように「♪トライ~ギ~ロ」という歌声がクラスに響いたり、他の楽器のリズムを教えてもらい曲に合わせて演奏したりと、まさに「音を楽しむ=音楽」ができ、担任も楽しく指導することができました。

 

また、日に日に指揮を見る視線が強くなり、合奏中に「マル!」サインや「早い早い(>_<)」という合図を送っても、バチッと目が合い、サインを受け取れるようになりました。指揮を見ることができるようになったんですね。
そういえば1学期、課題にあった「話を聞く」ということが「指揮(先生)を見る」ということを通して少しずつできるようになっていることに気付いたのは担任にとっても大きな発見でした。さて、本番一週間前、一人ひとりは頑張っているのに、何故かリズムがずれてしまうというハプニングが起こりました。尋ねてみると子ども達もそれに気づいていたようでした。「みんなの心が一つにならないと音楽も一つにならないよ?さぁどうする?」「心をひとつにする」という目には見えない課題に頭を悩ませていた子どもたちでしたが、その中でも「全体の音を聴く!」「みんな同じくらい、頑張るぞ!って気持ちを持つ!」と、答えを見つけ、実践する度に「今日の合奏上手に出来たなぁ♡」と満足そうな表情を見ることができました。

 

音楽会が終わっても、「先生を見る」「心をひとつにする」ということをこれからも大事にしていきたいです。

 

さくら組