クラスだより ふじ組 2015年12月号

先日は音楽会でたくさんの温かい拍手、ありがとうございました。

 

今回ふじ組で合奏した「Story」。映画のベイマックスでも使われていた曲なので子どもたちも馴染みのある曲でした。
音楽会の曲として決まり、自分の楽器が決まってから、楽器ごとに練習が始まりました。初めて前半部分を遊戯室で合わせた時、「うわ~みんなの楽器が鳴ったらすごいな!!」と、年中組のときにはなかった楽器の音に驚いたり、自分たちの音が重なって合奏になっていく喜びを感じていました。
そして日に日に子どもたちも自分から「練習する!」と自ら楽器を持ってきたり「先生、ここから鳴らし方がわからないから教えて」と声を上げてくれたりと本人たちの意識も変わってきました。ピアニカ同士でわからない子がいたら指を添えて教えてあげたり、自分から繰り返し練習する姿に子どもたちの粘り強さを感じていました。「みんな一つ一つの楽器が大切で、みんなの心が一つになって素敵な音になるんだよ」と伝えてきました。
当日は緊張した子もいましたが、みんなが一生懸命でした。子どもたちの真剣な眼差しが忘れられません。この経験を生かしこれからもクラス一丸となって前進していきたいと思います。

151207_ふじ組