クラスだより 正英幼稚園すみれ組 6月号

本番まであと〇回…と指折り数え、楽しみにしていた運動会!(^^)!

 

1番になりたい!と一生懸命走ったかけっこ。
園長先生のお話にもありましたが、当日までには一人ひとりそれぞれにドラマがありました。
なかなか1番になれずもどかしい思いをしたり、負けたことが悔しくて涙を流したり、初めて1番になって大喜びしたり…色々な思いを感じることで、心も体も日に日に強くなっていったように思います。
そして、毎日楽しみながら取り組んだパラバルーン。
先月号でお伝えしたパラバルーンごっこも、飽きることなく運動会前日まで続き、まだやるの…?と子どもたちの熱意と体力に驚かされるほどでした(笑)

 

お家でも園での練習の様子をお話していたかと思いますが、同じように園でもお家の人の話題がたくさん出ていました。
「手をいっぱい振ったら速く走れるねんて!お父さんが一緒に練習してくれてん!」
「お母さんパラバルーンがめっちゃ楽しみやねんて!早く見せてあげたいな~♡」
「家族みんなでがんばれーってめっちゃ大きい声で応援してくれるねんて♪」
大好きなお家の方に教えてもらったことやかけてもらった言葉を教えてくれるその表情は、それはそれはうれしそうでした。
子どもたちが運動会まで一生懸命頑張ることができたのは、お家の方の温かい励ましがあってこそです。本当にありがとうございました(*^^*)

 

次は年長さん!といわんばかりに、鼓隊やリレーにもすっかり興味津々な子どもたち。
お外ではリレーごっこ、お部屋では椅子の太鼓におままごとのお皿のシンバルと身近なものを楽器に見立てて鼓隊ごっこが始まっています。
まだまだ運動会熱は冷めそうにありませんね(^^)

 

すみれ組18年06月