クラスだより 正英幼稚園れんげ組 5月号

最近は子どもたちの「先生~鼓隊の曲かけて!」で一日が始まります。
中太鼓、小太鼓、自分の太鼓を付けて曲に合わせて叩いたり、
「ねぇ、シンバルってどうやって叩くの?」
「指揮さんの踊りってどんなの~?」
と自分の楽器ではないシンバルやベルリラ、指揮、フラッグにも興味を持って友だちと教えあいながら練習したりとプチ鼓隊が開催されています。
中には「次、大太鼓さんよ~」「今はベルリラだけ!!」と先生のまねっこも楽しんでいます。
朝からにぎやかなれんげ組さんです。

 

先日、はさみの練習でうずまきを切りました。
切っていくとらせん状の紙になったことに大喜び!
「みんなの紙を繋げたらどうなるんだろう。やってみたい!」
「めっちゃ長くなるよ!!」
という声が上がり挑戦してみることにしました。
廊下に出て、セロテープで紙を繋げていこうとするのですが、
「あ~ちぎれた!!」
「セロテープ持ってくるから待ってて!」
となかなか繋がらず…(笑)
するといつの間にか子どもたちの中でセロテープを切るチームと貼っていくチームに分かれ役割分担ができています。
「引っ張らないで~!!」と声を上げながら長くなりすぎて廊下だけでは繋げられず、
「園庭にレッツゴー!」と園庭まで持っていき、
なが~いなが~い一本の紙に繋げることができました!子どもの発想によって遊びが生まれ、
広がり、楽しむ姿は年長児としての成長を感じることが出来ました!

 

1805_れんげ1 1805_れんげ2