クラスだより 正英幼稚園ばら組 5月号

5月と言えば、鮮やかな緑の葉とさわやかな風・・・
今年は、そこに真夏のように照り付ける日差しがプラスされ、子どもたちも汗びっしょりになって遊んでいます。
元気に泳ぐこいのぼりにも励まされ、運動会にむけての遊びもだんだんと盛り上がってきました。

 

園庭に出ると自分たちでコーンやバトンを用意して、誘い合ってリレーが始まります。
クラス対抗の意識も出てきて、友だちへの応援にも熱が入り
「今日はれんげ組に負けた!」
「ふじ組といい勝負やった!」など言い合っていますが、
勝ち負けだけにこだわらず、力を出し切ることや応援し合う経験を重ねて、クラスの団結を強めていきたいと思っています。

 

鼓隊練習では、パート別練習から、全体で合わせる練習に進んできています。
楽器を鳴らすだけでなく、歩いたり隊形移動をしたりと一度にたくさんの事を行わなければいけないこともあるのですが、楽器を鳴らすことに集中しすぎて歩くことを忘れて大渋滞を引き起こす・・なんてこともありました。
けれど、どの子も真剣に取り組んでいる姿は、年長児としての頼もしさを感じます。

 

先日、年長児全員でちゅうりっぷの球根の掘り出しをしました。
球根は、ちゅうりっぷの赤ちゃんでまた来年に花を咲かせるということをみんなで話しあい、その後掘り出しました。
「赤ちゃんやから優しく持たないと!」
「この球根は何色のちゅうりっぷが咲くんかな?」
と話す声も聞こえ、大事に手のひらにのせて包み込んでいる姿が印象的でした。
花は咲いたら終わり!と言うのではなく次へつながるということを少しでも感じとってほしいな・・・という願いを持ちながら子どもたちの姿を見守りました。

 

運動会まであと3週間。活動量も増えていますが、子どもたちのパワーに負けないよう一緒に楽しみたいと思います。

 

運動会当日は、大きな声援をよろしくおねがいします。

 

1805_ばら3 1805_ばら2 1805_ばら1