クラスだより ひまわり組 2月号

三学期に入りひまわり組では食べ物の色分けを通してバランス良く食べることの大切さを学べるような遊びを少しずつ取り組んでいます。
まずは三色のグループの特徴(赤―血・肉・骨になるもの 緑―体の調子を整えるもの 黄―熱や力になるもの)を知り、
それから子どもたちの良く知る食べ物をクイズ形式で色分けしてみたり、
給食室前にあるパネルで今日の献立と食材の色分けを確認したりしています。

 

こんな風に毎日繰り返していると、
子どもたちも段々興味を持つようになり、
給食を食べている時も「これは赤色」
「お野菜は緑の仲間やでー」と自然と話題に上がるようになってきました。

 

月一回のお弁当の時も“バランス良いお弁当とは”とみんなで考えて、好きな物ばかりではなく、苦手な物も含めて色々な種類の食材を入れてもらうよう、
自分からお母さんに話をしようと提案をすると、
次の月からは「緑チームの野菜一つ入れてもらったよ!」と報告してくれるようになりました。
お弁当はそれぞれ違うので、友だち同士で見せ合いっこをしたり、「先生、これって何色?」と延々質問三昧。(笑)
毎回とても賑やかな食事時間になりました。
大体は覚えてきてもまだ間違えたり、
答えられなかったりと完全に色分けすることは出来ていませんが、
繰り返すことにより子どもたちの知識につながってくれればと思っています。
お家でもぜひ話題にして取り組んでみてくださいね。