クラスだより さくら組 1月号

毎日とても寒い日が続いていますが、子どもたちは寒さに負けず元気に遊んでいます。

 

冬休み明けは、サンタさんに貰ったプレゼントのことや、色々な所に遊びに行ったり、おせちを食べた話など、たくさんの楽しい思い出を聞かせてくれました。

 

クラスでは3学期になってから鉄棒に取り組んでいます。
苦手意識のある子が多い中、少しでも逆上がりができるようになるように頑張っています。
最初は「無理~」「こんなん絶対できへんしな…」と言う声が多かったのですが、
回数を重ねていくと、「ここまで足があがるようになったよ!」「できるようになりたい!」という声が多くなり、
自分から進んで練習するようになりました。友だち同士で、できる子が小さい先生になって教えたりする姿も見られ、クラスみんなで頑張っています。

 

鉄棒の合間、朝一の園庭で、水溜まりやおもちゃのお皿に残っている水が凍っているのを見つけて大喜び!
割らないようにそっと氷を剥がして持って、太陽に透かして「キラキラやなぁ」「綺麗だね」と、冬の自然を楽しんでいます。
さらに園庭の端っこで、秋に植えたチューリップの芽が出ているのを発見!
まだまだ小さいですが、これからの成長が楽しみです♪

 

これからも子どもたちとたくさんの冬の楽しみを見つけていきたいと思います!