クラスだより れんげ組 11月号

先日は、音楽会にお越し頂きましてありがとうございました。
合奏を始めた頃は、曲名もメロディも知らない子が多く、曲名を伝えても次の日には
「インド…ちゃうわ、アメリカ…?確か国の名前やってんけどなぁ!!」と、
「アフリカン・シンフォニー」という長い名前だけに、なかなか覚えられない子どもたちでした。
でも何度も曲を流したり、楽器あそびをしていくうちに覚えてくれて、おうちでもその曲を聴いたり、コマーシャルで流れてたよ!と教えてくれたりするようになりました。

 

合奏の練習が進んでいくと、子どもたちなりにこだわりが出てきて
「ここは盛り上がるからみんなで大きな音で鳴らそう!」とか、
「こっちのリズム打ちの方がいい!」
または「ここの部分で鳴らしたいんだけど!」というような要望を言ってくれるようになり、初めは全く知らなかった曲が、どんどんれんげ組のオリジナルに変わっていき、みんなにとって大好きな曲になりました。
本番も子どもたちの表情はドキドキしながら楽しそうで、まさに音を楽しむ【音楽】をお客さんたちに伝えられたのではないかと思っています。
歌やピアニカにしてもそうですが、取り組み期間中ずっと言い続けていた「心をひとつに」を心身で感じ取ってくれた子どもたちにまたひとつ成長を感じ、大変嬉しく思いました。

 

さぁ、12月にはいるとお楽しみのクリスマスや冬休み、年末年始等、楽しい行事が盛り沢山!どんどん寒くなっていますが、体調に気をつけてたくさん思い出をつくっていきましょう!

 

 

れんげ1れんげ2