クラスだより きく組 11月号

園庭や窓の外の木々の葉を見て、
「赤に変身している!」
「こっちは黄色!」
「(もみじの葉を拾い上げて)手の形と似てる!これ緑色やったのに真っ赤になった!」
など自然の変化の不思議さや面白さを楽しんでいます。

先日、年少組みんなで公園に秋探しに出かけました。
風で舞い散る葉っぱを追いかけたり、落ち葉をベッドにして寝転がったりして全身で自然と触れ合い、どんぐりもたくさん拾いました。
「こんなに太っちょ!」
「小さくてどんぐりのあかちゃんや!」
など、大きさや形などをくらっべこしたり、
「1,2,3、・・・」
並べて数を数えたりしている子もいました。
日々の遊びの中から、数や形の違い、大小などへの興味にもつながっていくようですね。

 

音楽会では、たくさんの温かい拍手をありがとうございました。
楽器遊びを始めた頃は、ただただ楽器を鳴らすのが楽しくて、自分の世界で楽しんでいた一人一人が、少しずつ友だちを意識しはじめ、
「楽しい音だよね♪みんなでならすとね♬」
と歌いながら同じリズムを奏でることが出来るようになっていきました。
自由遊びの時には、ブロックでまねて作ったウッドブロックやトライアングルを持ち、指揮者役の子も出てきて、合奏遊びを楽しむ姿は本番さながらで微笑ましかったです。
前日に「ドキドキする?」と尋ねてみると
「全然~早く音楽会したい~!!」と頼もしい返事。
とはいうものの、当日は大きな舞台に大勢のお客様を目の前にした子どもたちの様子が気になりましたが、みんなとっても楽しそうで、そんな子どもたちの笑顔に担任も一緒に楽しむことができました。
子どもたちのパワーって本当にすごいですね!!
毎日の生活や行事を通して、友だちとの関わりも深めながら心も体もたくましく成長している子ども達!
サンタクロースを心待ちにしながら、2学期の残りの日々を楽しく過ごしたいと思います。

 

きく1きく2