クラスだより ゆり組 9月号

気持ちのいい秋風といっしょに、お部屋にやってきたトンボに子どもたちは、大喜び。

 

今、ゆり組での大流行が“カプラ”。
夏休み、幼稚園であった親子参加の“カプラで遊ぼう”に参加した子どもたちが中心になりカプラタウンを作っています。
たくさんの塔を作りつなげていっては、その間をプラレールが通ります。
プラレールの子たちは、カプラに当たらないように「そーっとそーっと」と口では言ってますが・・・
カプラタウンが出来るまでの道のりは長く、作り始めては、“ガッシャーーーン”あっちからもこっちからも・・・

 

「カプリしていい?」
「なんだろ・・・?カプリ???あっ。カプラのことね!」と思わず笑ってしまうこともありました。
担任は、みんなが一生懸命に作っている間、教えていただいた宇宙船をサプライズで用意し「せんせい・・・すごーい♡」の声に鼻高々になりながらも、合体させるときには「下見て!!!下見て!!倒れない?」と不安丸出しでした。

 

そして・・・一番の楽しみは完成したものを最後に倒すときです。
一生懸命作ったのを壊すのは嫌なのではと思いましたが、みんな倒すのが楽しみなようです。
一番下の板を抜く子もいれば、ダイナミックに倒す子。
倒し方は様々です。
音にビックリしますが、倒した後は「あぁーあ。」の後には笑い声が聞こえてきます。

 

笑い声でスタートした2学期。みんなで楽しくパワフルに過ごしていきたいと思います。

 

9月ゆり組019月ゆり組02