クラスだより きく組 8月号

梅雨も明け、夏本番の7月。暑さに負けず、きく組の子どもたちは元気いっぱい過ごしました。

どろんこ遊びでは、初めは汚れることに少し抵抗を感じている子もいましたが、徐々に泥の感触を楽しめるようになりました。
中には豪快に、全身泥まみれになっている子もいましたよ。

プール遊びの日は、登園すると空を見上げて「今日は入れるかな!?」と心配顔の子も、OK!サインを出すと大喜びで着替えも自分で頑張ってして、コイン拾いやワニサン歩き、水の掛け合いっこもダイナミックに楽しみました。

 

お楽しみ会では、ワクワク気分の中にほんの少し?
いやマックスのドキドキが待っていました。
それは“おばけやしき”。
きく組では、最後まで“謎のお楽しみ”としていたのですが、どこからか情報は漏れ、朝からソワソワしている子もいました。
入る前から大絶叫と泣き声が廊下に響き渡り、その声がさらに怖さを倍増させてしまったようでした。
ほぼ、室内を駆け抜けたといった感じでしたが、無事?謎のお楽しみをクリアしました。

 

1学期間、いろいろな経験をして一歩、一歩成長している子どもたち。
さあ、長い夏休みは、体調管理やケガに気を付けて元気に過ごして下さいね!休み明けには、たくさんの思い出話を聞けることを楽しみにしています。

 

きく組2

きく組1