クラスだより れんげ組 6月号

先日のクラスだよりで、作成中☆といっていたれんげ組のこいのぼり。

子どもたちの

「こうしたい!」

「こうしたらもっとよくなるんじゃない!?」

という思いを足し算し、顔を描いたり手形スタンプに飾り付けをしたりして、何日もかけようやく完成しました。

心待ちにしていたこいのぼり掲揚の日には、登園してくるなり

「先生!れんげのこいのぼり見つけたでー!!」

「気持ちよさそうに泳いでるわ~!」

「ジャンプしたらタッチできるかなぁ」

と、とても嬉しそうにいつまでも見上げていました。

 

そんなれんげ組さん、毎日鼓隊にリレーにとても頑張っています。

朝、開口一番

「先生!今日は鼓隊あるのー!?リレーは!?」

と聞かれたり、保護者の方からも

「家に帰ったら毎日のようにお話してくれるんですよ」

「家でも練習してますよ」

と聞くと、子どもたちの頑張りを嬉しく思います。

 

始めは苦戦していた太鼓のベルトも短時間でつけられるようになり、1曲集中して打てるようになる子が増えてくると、毎日の積み重ねの大切さ、子どもの吸収力のすごさをひしひしと感じさせられる今日この頃です。

また、リレーではあそびを通してバトン回しをしたり園庭を走ったりしています。

その中で

「どうしたら走るのが速くなるのか」

お家の方に教えてもらった情報を発表したり友だちの走りを見たりして研究している子も出てきています^^

 

これからも暑い日が続きますが、心を込めてつくったれんげ組のこいのぼりさんにパワーをもらいながら運動会の取り組みを続けていきたいと思います☆