クラスだより ふじ組 6月号

ゴールデンウィークが明け、元気いっぱい笑顔で登園してきた子どもたち。
みんな話を聞かなくてもとっても楽しい休日を過ごしたんだなと感じられる表情です。
朝の活動で、ゴールデンウィーク中の楽しかった出来事を発表しようということになりました。
たくさんある中の1つを選んでみんなに話するよう伝えると、
「1個しかダメなん~?」
「いっぱいあるから迷う~」
といいながらも話してくれました。

「じーじばーばのおうちに泊まったよ!」
「キャンプに行ってBBQしたのが楽しかった!」
「スイミーのこいのぼりを見に行って、みんなで書いた緑のこいのぼり見つけたよ!」
など子どもたちの顔はとってもいきいきと嬉しそうでした。話足りなかった子からは、後でたくさん聞かせてもらいました。(笑)

 

連休明けから“はだし保育”がスタートしました。
はだしになるなり、

「床冷たくて気持ちいい~」

「お部屋と廊下の床なんか違う~」

と足の裏での感触を楽しんでいます。
場所によって感触が違うことを発見した子どもたち、ウッドデッキやチクチクの足ふきマットなど園内を探検しながらいろいろな感触を感じています。
足スタンプをしたときも

「こしょばい~!」

「気持ちいい!」

等と筆の感触を楽しんでいました♪

 

運動会に向けて毎日鼓隊の練習を頑張っています!朝の用意が終わると、

「音楽かけて!」

「太鼓していい?」

と積極的に取り組んでいます。

 

かっこいい姿を見てもらうために本番までもっともっと練習頑張るぞー!と意気込んでいますので運動会当日をお楽しみに!