クラスだより ふじ組 5月号

進級して嬉しい反面、新しい環境に少し不安を持っていた子どもたちでしたが、1日1日、日を重ねるごとに笑顔が増え、今では落ち着いて過ごしています。

ふれあい遊びを通していろいろな友だちと触れ合い、みんなの名前をどんどん覚えています!

 

「年長さんよろしくっ!」と言われると恥ずかしくなりながらも、同じバスに乗っている年少さんのお世話を進んでしたり、園庭や廊下でも声を掛けています。

また、クラスでも進んでお手伝いをやろうとしたり、話を聞くときの姿勢に気を付けたりと一人ひとりが“年長組”という意識をもって過ごしているように思います。

 

先日、年長組3クラスでお花見に行ってきました!心配していた天気も子どもたちの味方をしてくれ、何とか持ちこたえてくれました。

桜並木を歩き、上を見ながら、「桜のトンネルみた~い!」「綺麗やなぁ~!」下を見ながら、「桜の絨毯みたいやで~!」「これは何ていうお花?」等とキョロキョロしながら進んでいくと、時折桜の花びらがひらひらと舞い、追いかける子どもたち、まるで絵を見るようなきれいな光景でした。

 

最後になりましたが、運動会の練習も本格的にスタートしました。憧れていた“鼓隊”や“リレー”、年長組みんなで心を一つに頑張っていきますので楽しみにしていてくださいね。

 

201705ふじ1