クラスだより ばら組 2月号

先日小学校でのオープンスクールがあり、ばら組も半数ぐらいの子どもたちが参加してきました。
その日はとても寒い日だったので、体験が終わってそれぞれ園に戻ってきた子どもたちは頬を真っ赤にしながら「先生、学校って大きかったよ」「色んな所を見れて面白かったよ」と興奮気味に次から次へと報告してくれました。新しい環境に踏み出すのは不安な気持ちもあるかと思いますが、今の子どもたちにとって小学校は“大きくなったからこそ行けるキラキラした場所”のようで今から4月になるのが楽しみで仕方がないようです。

 

さて三学期に入り、子どもたちはサンタさんからもらったコマに夢中になっています。コマに紐をしっかり巻き付け、投げる、単純な動きのようでなかなか難しいですよね。お家の方と練習してきた子は上手に回せていますが、初めての子は担任や友だちに繰り返し教えてもらって、自分のものにするまでしばらく苦労しています。
最初は誰が長く回せるかを競争していましたが、最近では数字の型抜きパネルを床に置いて、回った場所の点数を競ったりと少しずつ遊びが展開しています。

 

ばら組の友だちと遊べるのもあと少しですが、お互い刺激し合いながら仲良く遊んで欲しいと思います。

 

2016/2 ばら組