クラスだより ばら組 3月号

先日の発表会ではたくさんの温かい拍手をいただきまして、ありがとうございました。

普段は元気一杯の子どもたちですが、当日はお客さんを前にガチガチに緊張している子が多くいて心配しましたが、練習してきた成果を見てもらおうと一生懸命頑張る姿はとても頼もしく見えました。

少々のハプニングはありましたが、子ども同士で助けあって乗り越えていました。この「雪の女王」の劇遊びを通してみんなで考えて、みんなで覚えて、みんなで作り上げてきたこの経験が子どもたちのこれからに少しでも役立ってくれたら嬉しく思います。

さて、最近の子どもたちのお気に入りの遊びはドッチボールです。園庭に出ると「先生ボール出してー」から始まり、水線でコートを描いて、チーム分けしたらゲームの始まりです。もうルールは分かっているので、担任がついていなくても子どもたちだけでゲームを進めていけるようになりました。

発表会というばら組での最後の大きな行事が終わりほっとした反面、近づく卒園の日を思うと寂しい気持ちになりますが、一日一日を大切にみんなで仲良く楽しさいっぱいで過ごしていきたいと思っています。

 

2016年3月ばら