クラスだより ひまわり組 2月号

「おはよう!」と元気に登園してくる子どもたちの姿は、冬休みのほんの少しの間、会わなかっただけでもちょっぴり大きくなっているように思いました。
少しずつ年長さんに近づいているんだなぁと改めて思い、残りのひまわり組で過ごす一日一日を楽しく充実したものにしていきたいと思います。

昨年のクリスマスに、ひまわり組さんは“すごろく”をサンタさんからプレゼントしてもらいました。3学期に入ってからはプレゼントしてもらったすごろくに夢中で、「一緒にすごろくしよう!」と友だちを誘い大勢で遊んでいます。初めは、「やり方が分からないからしない…」と言っていた子も、友だちが「教えてあげるから一緒にやろう」と言って教えてくれたことで今では進んでやっています。「サイコロの数字が○やったら○個進めるねんで!」「ここに止まったら1回お休み!」など言いながら楽しんでいます。今までは“教える”=“やってあげる”という感じでしたが、子どもたちの中で“教える“ということが自然とできるようになっているんだなあと感心しました。
今後も、遊び以外の場面でも教え合う姿がたくさん見れるようになればいいなと思います。

 

1602_himawari